行動分析学的アプローチ

行動分析学的アプローチ|成功率を高める「行動」のつくり方

前回は行動分析学アプローチについて基本的な考え方を紹介しましたが、今回は具体的に「成功率を高める行動をつくる方法」についてお伝えしします。理屈はわかったけれど実際どうするのか?その手順と成功を高めるための工夫について例を交えながらお伝えします。
行動分析学的アプローチ

行動分析学的アプローチ|行動するためのコツ

目標を実現するためには行動が必要。しかしこの「行動」することが難しい。 目標達成のために今日何をする必要があるのか、仮にわかっていたとしてもその行動を「今すぐに」実行できない 、行動を継続することができない - これらの問題をどうするのか? 今回はこの「行動」の問題について考えていきます。
Nozbe(タスク管理)

Nozbe|GTD流タスク管理を徹底的にサポートするアプリ

Nozbeはクラウド型のタスク管理ツール - PCでもスマホでも使えるアプリです。いつでもどこでもスマホ一台で、あなたの頭の中にあるすべての気になることをGTDの手法に沿って管理することができます。増えつつ続ける仕事に困っている、自分の時間が欲しい!ということであれば使ってみることをおすすめしたいアプリです。
GTD: Getting Things Done

タスク管理: Getting Things Doneの進め方

GTDとは、「気になっていること」を頭から一旦すべて吐き出して、他の場所(ノートやアプリなど)に整理して保存、次にやるべきタスクを順番に取り出すことができる体系的な仕組み。このシステムによってあなたの頭は常にフレッシュに保たれ、今必要なことだけに集中することができるのです。今回このGTDの具体的な進め方を紹介します。
GTD: Getting Things Done

英語の勉強時間がない?GTDで時間を創る方法を試そう!

ビジネスパーソンにとってスキマ時間をいかに作ってそれを有効活用するかが英語学習成功のカギを握ります。しかしこのスキマ時間。作るにしても活用するにしてもしっかりと普段の仕事と生活を見直した上で意識的にタスクを管理する必要があります。 今回は、このためのシステマチックなGTDと言われるタスク管理法についてお伝えします。
スラッシュリーディング

【英語初級者】まずスラッシュリーディングを完全マスターしよう!

スラッシュリーディングというのを聞いたことがありますか? 英語学習で最も重要なスキルの一つです。 その理由は、(1)英語を英語の語順で理解することで速読できる、 (2)日本語を介さずにダイレクトにイメージするスキルの第一歩となるから。 TOEICやリスニングにも効果てきめんですから絶対にマスターしたいスキルです。
リーディング習慣をつくる5つのステップ

【英語上達のヒント】英文リーディングの習慣をつくる5つのステップ

英文リーディングは、文法力と語彙のスキルアップに効果があるのは当然のこと、予想力やイメージ力の強化にも有効であると言われています。また英文リーディングを習慣化することで英語力の継続的な進化が見込めます。そこで、今回は初心者でもできる英文リーディングを習慣化する5つのステップを紹介します。
イメージ力

【英語上達のヒント】句動詞と前置詞で強化する英語イメージ力

今回は「前置詞と句動詞のイメージ化」がテーマ。 前置詞と句動詞のイメージ化と書きましたが、実はこの2つ、むしろイメージ化しなければその本質的な感覚をつかめないと言えるかも知れません。 イメージ力を体得するなら、この前置詞と句動詞を使ってイメージ化の訓練をするとより効果的ではないか。その理由や強化方法をお伝えします。
イメージ力

英語上達の鍵はイメージ力|その効果的な学習法をお伝えします!

同時通訳者の関谷英里子さんの著作「同時通訳者の頭の中」を読んでいて出てきたキーワードが、「イメージ力」と「レスポンス力」。この2つが英語上達のためのキーだと関谷さんは言います。イメージ力を鍛えることでネイティブの話の流れにしっかり乗って、反応していくことができるようになる。今回はこの「イメージ力」について掘り下げます。
4ステップで学ぶビジネス英語

4ステップであなたに必要な【ビジネス英語】を最短で学ぶ方法

今回は小林真美さんの著書「出世する人の英語」の中で、特にこれは良い!と思った「最短で英語が身につく4つのステップ」を紹介したいと思います。と言うのも、この4つのステップについてキッチリ考えて整理しておくことで、このサイトで紹介しているオンライン英会話やコーチングスクールで、より一層の効果が期待できると思ったからです。
タイトルとURLをコピーしました