SpeaKing Biz|『英語思考』で発話力をモノにする方法

SpeaKing Biz(ビジネス英会話アプリ)
stux / Pixabay

英語思考』を身につけなければ永遠に英語は話せない – SpeaKing Biz でスピーキング力をモノにする

 

いつまでたっても英語が話せない理由

qimono / Pixabay

英語を学ぶ上で絶対に習得しなければいけないことの一つが英語思考。

より具体的には「英語の語順で理解して文を作っていく」ということです。このことは基本中の基本で、繰り返しお伝えしています。

英語を「その語順のままイメージしていく。イメージを順を追って英語にしていく」

これができなければ、聞けないし、読めないわけです。永遠に英語を話せるようになりません。

英語が話せる人は、ネイティブだろうが、小学生だろうが、非ネイティブだろうが、全ての人が英語を語順通りに理解して、文を組み立てることができます。

極論を承知で言えば、ほとんどの日本人がいつまでたっても英語が話せるようにならないのは、これが原因。少なくとも主因のひとつであることは間違いないでしょう。

 

語順通りにイメージする

もしあなたが、英語のセンテンスを一度読みながら(理解する為に)その文頭に戻ることが度々あるようであれば、まずは英語の語順通りに頭にイメージしながら大意をつかむ訓練をしましょう。決して日本語に訳さないで、イメージを描くようにします。

文をすぐに作れないなら、「主語 + 動詞」に戻ります。メッセージの目的に合わせた主語の特定し、動詞と目的などを組み合せていくトレーニングが必要です。主語(行為者)と動詞(行為)を瞬時にイメージできるようにします。

 

パターンを身につける

文を組み立てる場合は、考えるというよりもいくつかあるパターンからシチュエーションにあったものを選択して部分的にパーツを変えていく「パズルのような感覚」でいきます。特に会話の場合は、ライティングと違って「考える」時間はないですから。瞬時に意味のかたまりのパターンを選択してパーツ(単語)を入れ替えます。

この「意味のかたまり」をチャンクと言ったり、Thought Group といったりしますが、簡単に言えば良く使う決まり文句(文章に満たない句)ですね。このチャンクを次々に配置してどんどんイメージを展開していくのが英語です。

英語を「話す」場合、そんなに複雑な「英文法」を駆使して普段話しをするでしょうか?しないですよね?いくつかのお決まりのパターンを何度も使いながら、その都度、動詞などのパーツを変えていく・・・そんな感じではないでしょうか。

 

わたし達に必要なこと

PIRO4D / Pixabay

わたし達に本当に必要なことは新たな知識や複雑な文法知識を仕入れる前に、このような例えばアメリカの子供達が「駆使」している決まり文句や語順のパターンに習熟することです。

実際、わたし達は英語を既にかなり知っているんですよね、知識として。場合によっては相当な知識を持っている人もいるはずです。ただその実践的な使い方を練習してこなかったことに問題があるのです。

仮にあなたが、TOEICで600点以上あるのに、どうも思うように話すことができない!と感じているなら、他の学習は一先ずわきに置いて、「英語思考で理解し組み上げる訓練」に取り組むことをおすすめします。

もちろんボキャブラリー増強など他にやるべきことはあると思います。でもまずは英語の語順で文章を「瞬時に」組み上げていく技術の習得をまずは優先してみたらどうだろう?というのが提案です。ブレークスルーの可能性がとても高いトレーニングですから、やる価値はあります。

慣れてくれば読むスピードもぐっと上がってきますので、速読・多読も楽になっていきますし、ボキャブラリーも増えていきます。英文メールを書くスピードと正確性(と言うよりより自然な文体)も向上します。

しかし、なんと言ってもネイティブの会話についていけるようになるし、自然でテンポの良いスピーキングで応えることができるようになっていきますので、それがこの英語思考の大きな利点でしょう。

 

ではどうやってそれを身につけたらいいの?

 

というのが次の課題ですが、とにかく英語思考、英語発想、つまり英語の語順で理解する習慣を改めてつくる以外にありません。

英語で読む時、聞く時、書く時、そして話す時。常に「語順とチャンク」を意識すること。「日本語から訳さない、和訳をしない、語順を逆らって文頭に戻らない」を習慣にすることです。

もっと英語思考を効率よくスピーディに身につけたいということであれば、教材を使ったり、コーチングスクールに通うということになると思います。

もし、あなたが 級者以上のビジネスパーソンであればオンラインで学ぶビジネス英会話に特化した – Speaking Biz (スピーキングビズ)を検討してもらいたいと思います。

この SpeaKing Biz – 実際にトライしてみましたので、プログラムのレビューを紹介します。他の利用者のみなさんの口コミ・評価などもあわせてお伝えしていきますのでチェックしてみてください。

 

SpeaKing Biz とは何か?

SpeaKing Biz は、中級者以上(TOEIC 600点以上が目安)のビジネスパーソンを対象とした、スピーキングの自主トレに特化したオンラインで学べるプログラムです。

専用のアプリはありませんが、スマートフォンでも問題なく全ての学習コンテンツを利用することができます。

 

Speaking Biz のメリット

まず SpeaKing Biz の特徴とメリットを簡単にまとめてみます。

 

  • 簡単な動詞を基軸にSVOからスタートして次第に関係詞などを使ってディテールを付加していく「英語語順」の具体的な組み立て手順が学べる
  • ビジネスシーンに特化しているのでビジネスでの議論の展開のパターンや適切なボキャブラリー(ワードチョイス)を自然に学べる
  • 自然なスピードのネイティブ音声が例文ごとに付いているので、シャドーイングやオーバーラッピングを何度も繰り返すことで自然な英語の語順と音を脳に浸透させることができる
  • 作文制限時間のレベル別になっているので「英語思考」のコツだけでなく瞬発力も鍛えることができる

 

Speaking Biz はこんな人に試してもらいたい

先述のとおり中級者以上のビジネスパーソンをターゲットにしたプログラムなのですが、さらに言うと、以下のような状況があなたに当て嵌まるようであればよりおすすめです。

 

  • 文法や語彙など知識はあるのに話せない・・・会話になるとすんなりとフレーズが出てこない
  • 会話のスピードについていけない・・・英文を読むのが遅い
  • 自然でシンプルな英文をスピーディにつくれない・・・英語の発想でなく、日本語に訳してしまう
  •  ビジネスに直結する実践的な表現と議論の展開のパターンを身につけたい
  •  今すでに英語環境にいるが、思うように会話についていけない・・・スムーズに議論が展開できない

 

とにかく英語思考で発想していくコツをつかんでほしいと思います。「英文法」と考えないで「語順」を意識してパターンを配置するだけ。

上達のカギは「繰り返し」です。

何度もレッスンを繰り返して音声サンプルをシャドーイングしてください。パターンに飽きたな、と思ったら良いサインです。

きっとその頃には知らず知らずに英語脳になっていると思います。そうなったらもう応用自在ですからね!

 

SpeaKing Biz レビュー

 

  • 2つのクラス
  • 12コース✖︎20レッスン = 240レッスン
  • 3つの作文時間制限レベル

 

スタンダードアドバンスの2つのクラスがあって、それぞれ240のレッスンがあります。基本的な動詞から表現をステップバイステップで展開していく手順が自然と学べるようになっています。最終的にトータルで10,000を超える文章を作って発話練習することになります。

 

 

SpeaKing Biz 学習の進め方

ここでは cut (削減)を基本動詞に「広告費の削減」cut advertising expenses をメインテーマとしたレッスンの例をあげてみます。テーマに沿ってさまざまなメッセージを展開するトレーニングです。設問にあわせて以下のような英文を作りスピーキング練習をしていきます。

 

  1. we cut advertising expenses / by at least 20%
  2. the reason we should cut advertising expenses / significantly
  3. we couldn’t understand / the reason we should cut advertising expenses / significantly
  4. to cut advertising expenses / by at least 20%
  5. we made a plan / to cut advertising expenses / by at least 20%
  6. how we could cut advertising expenses / by at least 20%
  7. we explained / how we could cut advertising expenses / by at least 20%

 

チャンク(意味のかたまり)ごとにスラッシュを入れています。各チャンクごとに見てください。同じチャンクが何度も出てきています。パーツを入れ替えるようにしてメッセージを変化させていますよね。

それぞれのチャンクは極めてシンプル。「中学生英語」とあまり変わらないですよね?これを英語の語順に従って配置していくだけです。それでも出来上がった文章のバリエーションはどうでしょう?悪くないですよね。十分にミーティングで使えそうです。

このようにキーになる動詞から、実践的なビジネスシチュエーション・・・意見が求められる場面や、議論を展開してく際の発想のポイント、そして思考の順序が自然と学べるように考えられたプログラム。まさに英語思考のトレーニングそのものです。

動詞の例Cut, Enter, Increase, Reduce, Make, Connect, Adapt, Upload, Lack, Build…

 

あなたなら、時間がちょっとあれば必ず正しい文が作れるし、例文よりも良い文章が作れるかもしれません。

でも問題はそこではありません。問題は、このような簡単な文(句)を「瞬時に作れるだろうか?」ということなんです。

一気に長文のセンテンスを完璧に作ろうと思ったらできません。チャンクを順番に追加していくことで結果的に長文センテンスが出来上がります。

始めから無理に長文を意識する必要はないです。2つの文になっても全く問題ないわけですから。自然にイメージを展開(場所や時間などの情報を加える)できればそれでいいと考えましょう。

こんな風な考えれば、そんな難しいことでもないように思えませんか?

複雑と思える文も実は長いだけであって「複雑」ということでは必ずしもないのです。初めは「こんな内容を7秒以内に無理!」と思うようなことでも、繰り返し練習することで必ずできるようになります。

簡単なパターンから徐々に展開できるように工夫されているのが SpeaKing Biz 。焦らず継続していけば半年から1年でその効果を実感できるはずです。

 

 

SpeaKing Biz 利用者の口コミ・評価

geralt / Pixabay

Speaking Biz を試された受講生の体験談を公式サイトからいくつか紹介します。ちなみに利用者の90%は海外在住者だとか。それだけ「英語思考」の必要性を実感されている方が多いということかもしれませんね。

 

片言の英語でなく、完成された文章が自然に出てくるようになった。
シンガポール在住 / コンサル企業 / T.Oさん(38)

ビジネスの議論に付いていけるようになった。
アメリカ在住 / 食品メーカー / A.Kさん(32)

聞いた英語を日本語になおさず、そのまま理解できるようになった。
イギリス在住 / 商社 / C.Iさん(41)

複雑な文章でも英語の語順のまま理解できるようになった。
アメリカ在住 / MBA留学中 / K.Iさん(27)

 

Speaking Biz の料金と始め方

1. 速習コース(6ヶ月)14,800円・・・学習時間の目安: 1時間/日

2. 標準コース(1年間)19,800円・・・学習時間の目安: 30分/日

3. ゆっくりコース(2年間)29,800円・・・学習時間の目安: 15分/日

(上記料金はすべて一括払いでの料金です)

 

割引クーポンをご利用いただくとお得に Speaking Biz を始められます。

❶下のクーポンコードをコピーして、❷公式サイトでペーストして使ってくださいね、1,000円オフになりますので。

クーポンコード: kIbq3v_ErOJ24TGAdGeqrg

公式サイト: Speaking Biz

 

まとめ

suju / Pixabay

自分で考えて、声を出しながら覚えていく。スクールに通っても「❶インプット→❷アウトプットトレーニング→❸実践」の学習順序は変わりません。

基本的な文法と語彙を既に持っているビジネスマンでとにかく早く、しかもリーズナブルに「英語思考」を身につけたいのであれば、この SpeaKing Bizです。効率よくフェーズ❷のアウトプット自主トレニーングを進めていくガイドになります。

収録されているネイティブの音声ファイルも良いので何度も繰り返しリピーティングしていくことで英語のリズムとスピーキングのトレーニングにもなります。

例題は明日から使えるものばかりが厳選されています。特にあなたが既に海外や英語環境にいるようであれば、❸の実践もすぐに経験できるので効果を実感しやすいはずです。

とにかくあなたに必要なのはアウトプットトレーニング。

ぜひ SpeaKing Biz を試してみてほしいと思います。

クーポンコード: kIbq3v_ErOJ24TGAdGeqrg

公式サイト: SpeaKing Biz

 

Thanks so much for reading the article!

 

コメント