【英会話超初級者向け】導入チャンク⓭ “Let me…”

超初級者向けTIPS
rinfoto0 / Pixabay

導入チャンク⓭ “Let me…

今回のチャンクは、Let me →(わたしにさせて)です。

わたしに〇〇させて!とオファーするならこのチャンクです。わたしに何かをさせてと言うとちょっとアグレッシブな感じですが -あえて大変なことなどを自主的にやると申し出る場合- おもてなしに使えます。

まず「わたしにさせて!」と宣言して、「何を?」(コンテンツチャンク)につなげていきます。

 

lɛt mi ][っみ

Sentence Structure

FeeLoona / Pixabay

導入チャンク+コンテンツチャンク+追加コンテンツをつなげた例
[ ❶ Let me ][ ❷ pay ][ ❸ this time ]
音声ファイル: Let me pay this time.

「今回はわたしに払わせて」という意味になります。実際に文を作る場合は、以下のような語順でチャンク(意味のかたまり)を1-2-3と配置していきます。1階から2階、3階と積み上げていくようなイメージでもいいですね。

[ ❶わたしにさせてほしい][ ❷支払う][ ❸今回は]

まずはメッセージの目的です。「わたしにさせてほしい」は基本的にお願いですが、相手が承知しやすい、つまり自分の方が不利益になるような申し出をする場合はこのフレーズを使います。

[❶ 導入でメッセージの目的を宣言]+ [❷ 伝えたいメインの内容]+ [❸ 時や場所などの補足情報]- いつものパターンの構成ですね。

 

Let me…について

申し出(オファー)ではななく、自分に「必要がある」場合は、例えば[❶ Would you ]を前にもってきて「❷ let me ] [❸do it」とすると丁寧な表現が必要です。

もちろん Would you なしでも友達や同僚に対してのお願いであれば問題なく使えます・・・と言うか、本当にしょっちゅう日常会話で使う表現ですからね。「〇〇させて!」と言う雰囲気です。

 

 [❶ Would you ] + [❷ let me know ] + [❸ when you find it out]
Pleaseを付けたら「丁寧」・・・ということでもない

少し気を付けたいのは、[ Please ]という表現を Would you と同じように使おうという場合です。Please と付ければ同じように丁寧な言い方になると思い勝ちですが・・・それがちょっと違うのです。

例えば、Please let me know when you find it out などのようなケースでは、「わかったら(必ず)知らせてくださいね」という”念押し”と言うか、やんわり”催促”しているようなニュアンスに。

ですからこのケースで言えば、Please をつけずに Let me know にしておけば、特に”命令調”にならず「わかったら教えてね」ぐらいに返ってソフトなニュアンスになります。

ちょっと難しいですよね。でもいずれ色々なコンテンツに触れることで追々ニュアンスがつかめるようになるのであまり気にする必要なありません。とりあえずは「丁寧に言うなら Would you を前につける」と覚えておけば間違いないです。

Prosody Analysis

PourquoiPas / Pixabay

発音のポイント

Lemee / pay / this time

/  / でぃす いむ

 

発音TIPS

音声変化 – t の脱落

[Let / me]の2音節ではなく、[lemee]のようになります。tが脱落するお決まりのパターンです。[れっみ」と言うよりも「れみ」に近いでしょうか。さらに後続の「ぺい」ともつながって「れみぺい」のように聞こえるかもしれません。

2音節のイメージをアタマの中で持っていると聞き逃してしまう可能もありますから気を付けます。とても言いやすいフレーズなので、パターンを変えながら何度も自分で発音することで脳に音を馴染ませましょう。

 

Let’s give a try!

以下の3つを表現してみてください。英語発想の語順にしています。イメージを語順にしたがって変化させてください。

1. [わたしにさせて][手を貸す]

2. [わたしにさせて][考える/それについて]

3. [おなたにお願いします][わたしにさせて][対処する/その件]
 

 

答えは一つじゃありません。テーマのフレーズを使わないのもOKです!スピード優先で思い浮かんだイメージの塊を英語にして並べていく感じで・・・まずはコンテンツの目的と主人公の確定。誰がどういう状態なのか、何をするのか(しているのか、したのか、しようとしているのか)どんな感情を懐いている?・・・主人公の動きや感情を実況中継するように積み上げていきます。

 

前回のトライアルの作文例
1. [わたしはしなければ][行く/その銀行に]
     I need to go to the bank.
2.  [わたしに必要?][記入する/何かの書類を][入国するために/米国に]
     Do I need to fill out any entry forms to enter the United States?
3.[わたしには必要][ビールが/ものすごく!]
     I need a beer so bad! 
(※良い意味で so bad を使うことも。死ぬほどビールが飲みたい!って感じでしょうかね)

関連記事

参考記事English for Everyoneで英語スピーキング力を飛躍

 

Thanks so much for reading the article

コメント