【英会話超初級者向け】導入チャンク❷ “I’m gonna”

チャンクで英語思考
Photo by rawpixel.com from Pexels

導入チャンク❷ “I’m gonna”

今回のチャンクは、I’m gonna →(するつもり)です。

予定がある時にはこの導入チャンクを使います。これからする事が決まっている場合、つまり予定になっていれば迷わずこのチャンクを選ぶます。

まず「(私が)これからします」と宣言して、「何を?」(コンテンツチャンク)につなげ、必要であれば「何日?」などの(追加チャンク)を付け加えてもいいですね。

Photo by rawpixel.com from Pexels

əm ˈgə ][あむ

 

参考記事【英語】発音記号|絶対に覚えた方が良い理由があります

 

導入チャンクにコンテンツチャンクと追加チャンクをつなげた例
[ ❶ I’m gonna ] [❷ stay at the Westin] [❸ for three days]

音声ファイル:[ I’m gonna stay at The Westin for three days]

 

I’m ganna について

I’m gonna は I’m going to の短縮形。”wanna “ の際に説明したように going to と発音するより、gonna (ガナ)と発音する方が一般的。特にくだけた表現ではなくビジネスなどのシーンでも普通に使われる表現ですので安心して使えます。

意味は、「わたし→する予定」ということ。(何をする、どこにいく?)といった内容を to 以下のコンテンツチャンク(動詞 + something)で伝えます。例文では「ウェスティンに滞在する」になりますね。これで主に伝えたい情報の伝達は完了です。場合によっては、3つ目の追加チャンクで「3日間」などの情報を補足します。

発音のポイント

i’ m gonna / staa’the westin / fo’ thredays

あむ- / あっ(ði)-うぇすてぃん / ふぉ-(θ)りぃでいず

 

まず、(th)についてですが、この音だけはひらがなで近似の音を表記できません。ですので発音記号を入れてみました → [the] [ði]  & [three] [θri]。発音にベースにしたアルファベット表記も記載してみました。

次に注意したいほしい点は、❷のコンテンツチャンクに一番と❸の追加チャンクの中でそれぞれストレス(強勢)がつくポイントを意識すること。gonna, stay, westin, three days – この4つがこのセンテンスで言いたいことです。したがってこの4つを強調する。

導入チャンクの[❶ あむがな]は、超短く発音します。人によって聞き取れないぐらいの超スピードです。「アイアムゴーイングトゥ」と、インプットしてあると聞き取れません。虚をつかれて一瞬「?!」となってしまいます。

前置詞や冠詞(at, the, for)も短く曖昧な発音で、強調すべき上で説明した内容語の間につなぎとしてぐしゃっと入る感じです。”at the” については、”t” が連続しますので “t” が一つ脱落して発音的には “athe” 、母音は曖昧母音(Schwa)となり、何とも判然としない音になります。”for”については、語尾の “r” が脱落し母音は曖昧化します。

自分が発音できると聞き取りもできるようになりますから、何度も「あむがな」と繰り返して音を刷り込みましょう。「あむがな」=「するつもり」というイメージが自動的に直結するようにしたい。

文章で書く時は、”I am going to” と書くのが普通ですが、ライティングは修正する時間がありますから、書き直せば良いだけです。先に「音」を優先しましょう。こちらは待った無しですからね。

強弱と長短の変化が英語のリズムを作ります。これができれば個々の発音が多少違っていても十分伝わりますので常に意識していきましょう。

ストレス(強勢)のルール
  1. 名詞と動詞が最も強く発音される
  2. 形容詞+名詞になった場合は名詞にストレスがくる(例:good-idea)
  3. 名詞+名詞になった場合は、前の名詞にストレスがくる(例:three-days)
  4. 句動詞の場合は、前置詞にストレスがくる(例:get-out)

 

TIPS

未来を表現する場合は、今回の[ガナ]を使います。I’m gonnaYou’re gonna[やぁごな]や It’s gonna[いっつがな]と変えていけばOKです。

過去形を使えば「◯◯するつもりだった」という風に使うこともできます。

否定形は、I’m not gonna 〜[あむがな」です。否定形ではは、 not や never にストレスが入るのがポイントです。

疑問形は 、Are you gonna 〜[あゆがな]のように、be動詞を前にもってきて、[❶ Are you gonna] [❷ leave ] [❸ today]? 「今日出発ですか?」のようにします。ちなみにbe動詞は動詞ですが機能語ですから小さく弱く発音されます。

WhatWhere といった疑問詞を前にもってきて [❶ Where are you gonna ] [❷ go] [❸ tomorrow] ? 「明日はどこ行くの?」ような自由回答型の疑問文にすることもできます。

 

Let’s give a try!

以下の3つの内容を英語で表現してみてください。

  1. 今日はホテルで夕食ですので。
  2. 飛行機の出発は定刻どおりのようですね。
  3. チェックインしたら、その後どうされますか?

 

使うチャンクが決まったら主語の特定です。誰がホテルで食事するのか?わたしだけ?それとわたしを含む我々でしょうか。次に何をする(動詞)を次に配置します。ですが、あまりこだわらずシンプルに考えましょう。答えはひとつではないのですからね。”gonna” を使わなくてももちろん良いですし、単語だけでもOKです。辞書を使わずにパッとイメージした単語やフレーズで表現してみてください。

 

前回のテーマ “I wanna” の作文例

1. トイレに行きたいのですが。
I wanna go to the restroom.

2. ステーキが食べたいの?
Do you wanna have steak?

3. 明日は何しようか?
What do you wanna do tomorrow?

参考記事

 

Thanks so much for reading the article!

コメント

タイトルとURLをコピーしました