今すぐ発音矯正をすべき理由!オンラインで学ぶ英語発音コース3選+

おすすめオンラインビジネス英会話コース

今すぐ発音矯正すべき理由ー英語の発音が学べるオンライン英会話コース3選!+(番外編)

これまで英語の発音を習ったことがありますか?

英語習得の基礎中の基礎であるにもかかわらず、なぜか別枠でオプション的な扱いを受けている発音。これまでの学校教育では、教えることができる人ががいなかった、読み書きが英語導入当初の最優先課題であったなど色々と事情はあったと思うけれど、それにしても「発音」はおざなりにされ過ぎてきたように思います。

今回は、全ての英語学習者が発音を学ぶべきその理由と、リーズナブルにしっかりと発音を学べるオンライン英会話スクールベスト3+番外編を紹介します。

はじめに

rawpixel / Pixabay

ビジネス英語の観点から「発音」を考えてみる

ビジネスでは「英語を使って通じること」を最優先にしていくわけで、発音(この場合は、綺麗なネイティブのような発音という意味合いですが)は最低でも主な関心ではないように思います。TOEIC®L&Rがここまでビジネス界に浸透しているわけですからその点からも明らかです。

個々の発音(単語レベル)にこだわわらなくても、発話以外のコミュニケーションスキルを駆使していけば意思疎通はできるわけで・・・そんな考え方で間違いではないし、実際にそれは事実でしょう。

それでも、若年層はもちろん、これから英語を何とかしたいと思っているビジネスパーソンにもあえて言いたい。せめて基礎(母音と子音)だけでも発音はしっかりとやっておいた方が良いと。

ビジネスパーソンにとってそれは発音など遠回りなような気がするし、実際に時間も少しかかります。忙しいし、できるだけ早く習得したい。そんなことよりも単語を一つでも多く憶えてTOEICの点数をあげたい。それは良く分かります。

でも何年も遠回りをしながら英語と付き合ってきて思うのは、やっぱり学習初期段階で発音をやらなかったことが、結局はその遠回りの原因の一つになっているのではないか、ということなんです。

 

発音を学べば英語学習が加速化する

特に英会話に対する苦手意識を解消する事で生まれるプラス思考への効果は計り知れないものがあります。そして発音を学ぶのに遅すぎるということはないということも付け加えておきたいと思います。

 

発音学習(矯正)の効果

nastya_gepp / Pixabay

聞き返されなくなるメリットは言うまでもない

多くの我々日本人が、特に初心者の時に外国人と英語で会話する時に経験するのが、ぜんぜん通じない、ぜんぜん聞き取れないといシチュエーション。これは辛いものがありますよね。それなりに日本で英語力に自信を持っていたとしても、わたしがそうだったように、海外で知る手加減なしのリアルな英語には戸惑うことも多いかもしれません。

英会話教室に通ってRepeat after meって言われても、発音のトレーニングをしていなければ、その先生の発音を真似することは実際にはほぼ不可能。90%以上違った音を発していると思います。なぜなのでしょうか?

そもそも先生の発する音を聞き取ることができていない。これが1点目の問題。さらにその音を再現するための知識の習得、息遣い、口周りと舌の筋肉などフィジカルな訓練ができていないから。これが2点目です。

一つ目の問題については英語の音を日本語の置き換えた場合に一番近い音に変換して(間違って)聞き取って(認識して)しまうからと言ったほうがより正確かも知れません。カタカナほどではないにしても、本質的にそれと大差のない英語風の日本語になってしまうのです。

日本語と英語の「音」の質的な違いはそれほど大きいのです。ではなぜそれを彼ら(英語講師たち)は指摘しないのでしょうか。これについても疑問が出ますが、話が逸れますので、この件についてはまたの機会にしたいと思いますが・・・つまり、ここで言いたいことは、発音を学ぶことによって聞き返されること、このことが激減するということ。そしてそのメリットは実際的にも、精神的にも大きいということです。

 

正確な音でインプットできる効果はとてつもなく大きい

正しい音で発音するためには、それぞれの音の違いをわかる必要があります。音の違いを言い分けるわけですから、聞き分けるのも当然うまくなります。それは、すなわちリスニングの能力も飛躍的に高まると言うことです。

英文を読む時に(頭の中で)ちゃんとした音で多読していけば、どんどんいわゆる英語脳が強化されていきます。逆に間違った音で覚えると、実際にネイティブが話す音と違いすぎると同じ言葉としてリンクしないのです。したがって脳内の音処理に手間取り、次に意味処理も遅くれ、結果的に反応処理が瞬時にできないということになります。

音として聴き取れるということは知らない単語が会話で出てきた時に、What did you say?と聞き返すような場面でも、What does “____” mean?といったようにより詳しく聞き返せるようになりますよね。その音そのものがわからないということと、その(音はわかるけど)意味がわからないこと・・・この差は大きい。意味がわからないだけなら、初心者の段階から、臆することなくどんどんわからない言葉をネイティブに聞き返すことができるということですから。

当然のことながら、語彙や実際的なフレーズの吸収のスピードが断然違ってきます。

 

オンライン英会話をこれから始めようと思っている人にも

発音がしっかりしていれば当然通じやすい。自信をもって話せることのアドバンテージは本当に大きいです。これはシャイな日本人にとって「初めの壁」である、恥ずかしいという気持ちを吹っ飛ばすのに効果があるのは言うまでもありません。

オンライン英会話は、対面よりも「言葉」によるコミュニケーションの比重が高いです。チェスチャーや態度など言葉以外のコミュニケーションツールが制限されるのでどうしてもそうなります。したがって超初心者にとってオンライン英会話はキツイのですが、発音のトレーニングをやっておけば問題はまったくないでしょう。

 

こんなひとに発音矯正はおすすめです

B_Me / Pixabay

これはもう、はっきり言ってすべての英語学習者!におすすめです。

でも特に、

  • 英会語・英語に苦手意識がある
  • リスニングや英語学習がなかなか上達せず悩んでいる

このような人には特効薬になるでしょう。

繰り返しますがすべての日本人英語学習者が発音の基礎をしっかりと学ぶべきです。早ければ早いほど学習効率が良いのは確か。でもいつからでも、誰にでもできます。発音をきっちりやることであなたの英語は確実に「変わり」ます。

 

中級者以上にだっておすすめしたい

英語でのコミュニケーションはできるという中級者以上にもおすすめしたいと思います。伸び悩みを感じているなら一気にブレークスル―するきっかけになる可能性、大です。TOEIC®のリスニングスコアも間違いなくあがるでしょう。

ベテランであれば、通じることを理由に放置してきた自分の発音や、長年霧のように広がっていた英語の音のなぞがパッと晴れるような体験になるでしょう。「もうここらへんでいいかな」と言う思いからモチベーションも新たにスキルをもう一段引き上げるきっかけになります。これは自分自身の経験からも強調したいと思います。いつだって「伸ばす」ことはできるのです。問題は「もういいか」と思っている私たちのマインドです。

 

注意したいこと

発音矯正は始めは思った以上に大変だと思うかもしれません。時間もそれなりにかかります。(口周りなどの)筋肉と呼吸で発話する作業をスムーズに意識しないでできるようになるには、案外と時間がかかるものです。

短期記憶の容量は大きくないです。発音など意識していたら、文章を組立てられなくなるし、話の流れについていけなくなります。逆に言えば、何を言うかに意識を集中していたら、「正しい」発音を忘れてしまうということでもあります。つまり「発音」は完全に自分のものにして自動化しないといけないものなのです。

基礎(母音と子音の発音)を完全に習得するだけでも数カ月はみておいた方が良いでしょう。

でもやる価値はあります!

 

独学より習うことをおすすめする理由

独学でもYouTubeがあるし学ぶことは可能な気がしないではないのですが、どうでしょうか?

英語の勉強全般についてですが、独学で相当のところまでいけるのではないかと思っています。それでも、こと発音に関しては実際のところかなり難しいと言わざるを得ません。

何事も客観的に判断するのは難しいのですが、特に英語の発音については厳しい。録音したものを聞けば「違うな」、というはわかります。ですが、それをどう直したら正確な音が出せるのかがわからない。それに間違った型で覚えてしまうと、結局いつか再度矯正しなければなりません・・・

そもそも論ですが、自分で矯正できるようであれば、映画でもTEDでも良いのですが、徹底的に聴くことで正しい発音ができるようになるはずなのです。非ネイティブでそれができることを完全に否定するわけではありません。ですが、仮に聞かれれば、わたしの経験からくる答えはNOです。

やはり発音だけはどうあっても第三者の指導を受けた方が、早くて簡単に問題を解決できると思うのです。

アプリの自動音声認識(AI)は、自分の発音がどうかをチェックするためのツールに良いですよね。100%信頼できる精度ではないとは思いますが、それにしてもかなりのレベルに既にあると思います。

大いに利用したいところなのですが、一つだけ発音訓練にとって問題があります。それは繰り返しになりますが、どうやって正しい音を出したら良いか、AIは教えてくれないということなんです。今後はわかりませんが、とりあえず今のところ、アプリでは音声認識が限界で指導まではできないようです。自動音声認識は発音のベーシックを習得した後の練習やチェックに使いたいですね。

 

オススメの発音矯正コース

Photo by Ales Nesetril on Unsplash

発音を専門の教えることができるということは、ただあなたの発音が正しいか、正しくないかを知らせる、正しい音を聞かせるだけでなく(これはネイティブなら誰でもできる)、どうやったら正しい音を発することができるか教えることができなければならない。

具体的には、音(母音・子音)単位での口のカタチ、舌のポジション、ブレスの方法、筋肉の使い方などで指導できなければならないでしょう。さらに、単語単位のアクセント、文章単位では音声変化(リンキング)やプロソディを教えられるということです。

このような講師を抱えるスクールはあまり多くはありません。しかも会話の中で学ぶよりも発音は発音だけ勉強する方が学習効果があがりますから専門のコースでないと効率が悪いです。例えば50分のレッスンなら、英会話のレッスンの中で教わる発音と、50分の初めから最後まで発音をトレーニングをするのとでは大きな違いですよね。

オススメのスクールについてまとめると発音矯正のメソッドと専門に教えることのできるインストラクターがいるスクールということになります。別の記事でまとめたロゼッタストーン(以下のブログ参照)などが該当しますが、専門スクールともなると数も少ないのが現状です。

ロゼッタストーン|評判の英語発音矯正コースを体験してみた! 英語学習を始める時に発音を徹底的に習えればどんなによかっただろう・・・学生時代に発音をちゃんと教えてくれていたら・・・というか、絶対教えるべきだと思う。こんなふうに思ったことはありませ...

 

オンライン英会話による英語発音矯正

しかし今ではオンライン英会話スクールがあり、発音を学べるスクールも結構あります。専門スクールには及ばないところは当然ありますが、オンラインならではの利便性やコストの安さなどメリットもあります。どこのスクールでも無料体験レッスンもありますし、そもそも費用が安いですから試す事のハードルが低くいのが良いですよね。気楽に試せる。何かを始めるのにこれほど力強い味方はないです。

 

まとめ – 発音が学べるオンライン英会話ベスト3+

数あるオンライン英会話スクールのなかから発音が学べる主なスクールをピックアップしてみました。評価についてはそれほど厳密にできないのですが、発音学習専門のカリキュラムがあるか、どうか。それを指導する講師がいるか、選ぶことができるか、といった点を評価してみました。それにコスパも。せっかくオンラインですからあまり費用が高いとメリットがなくなってしまいます。特に東京や大阪在住であれば、それなら専門スクールに通った方が良いよねってなりますものね。

ワールドトーク
日本人講師メインのオンライン英会話「ワールドトーク」

【ワールドトークならではのメリット】
全員日本人講師の英会話「学習」スクール。
発音指導が得意な講師もたくさん在籍しているのが頼もしいですね。
日本人だからこそわかる日本人の苦手なところ・・・
良く日本人講師の英語講師やコーチのメリットとしてあげらる点ですが、まさにその点がこの発音指導に活かされそうです。
例をあげると海外生活36年目のShane 先生。
この先生ははっきりと発音専門であると言い切っています。
ネイティブの発音を真似する必要はない。ただし彼らが問題なく理解できる範囲の音に仕上げる手助けをすると言っています。
とても現実的な目標で信頼できそうです。

【期待できる効果】
.・発音の矯正だけでなくなぜカタカナ英語になってしまうかまで理解できる
・海外で問題なく通じる英語発音力を手に入れられる
・上級者の長年の癖も直すことができる

【料金】
ポイント自動消化制で、レッスン1回あたりのポイント数は講師によって異なります。
最高ランクレベルの講師のレッスン(25分)月8回プランで税込受講料:8,000円程度

オンライン英会話 hanaso

【hanasoならではのメリット】
オリジナルテキストを使った個々の音からできる発音トレーニング。
テキストは2つのステージに別れます。
ステージ1では超重要な6つの母音と20の子音を学びます。
ステージ2では音単位の基礎をベースに単語や文章になった時のアクセントや音声変化を(リンキング)が学べるようになっています.
特にステージ1は完璧にしたたいですね。ここは厳しく指摘してもらうようあらかじめ講師にリクエストしておくと効果的です。
講師は全員フィリピン人先生。発音トレーニングが得意な講師を選択できます。
ハナソメソッドという独自の復習メソッドに対応しているので効果的に学習PDCAサイクルを回せそうです。
リーズナブルな料金プランもポイント!

【期待できる効果】
・発音の基礎固めによって応用力がつく
・簡単な会話で聞き返されることがなくなる
・リンキングを発音できるようになることでリスニングも良くなる

【料金】
レッスン(25分)月8回プランで税込受講料:4,320円

オンライン英会話の「e英会話」

【e会話ならではのメリット】

e英会話の良いところは2点あります。
発音学習(矯正)オリジナルカリキュラムを持っていること。
いわゆるオンライン英会話では、発音のテキストを使ったレッスンをするところはあるのだけれど、発音学習用にしっかりとカリキュラムを組んでいるところに好感が持てます。
コースは30分のレッスン50コマで終了するカリキュラムなので週2回受けると25週、だいたい5~6か月ぐらいで終了するようなイメージになります。
それともう1点メリットがあります。それは、音質管理にとても気を使っているところ。
オンライン英会話を経験したことのある方ならわかると思うのですが、防音設備のある専用ブースからレッスンするスクールってそれほどないんですよね。
発音の学習ですから、オンラインという不利な条件を少しでも減らすような設備は重要なポイントかと思います。
他にもスクール自慢の高品質のフィリピン人講師陣もポイントですね。

【期待できる効果】
・英語を話すときに発音を気にする事なく自信を持って会話できるようになる。
・英語を聞き間違えられることなくスムーズにコミュニケーションできるようになる。
・発音記号が憶えられるからどんな単語にも応用できる

【料金プラン】
レッスン(30分)月8回プランで税込受講料:6,800円
オリジナルテキストは無料です。

 

番外編:English for Everyone (e4e) で学べば英会話まで一気!

JanBaby / Pixabay

3つの発音コースのあるオンライン英会話スクールを紹介しましたが、もうひとつ番外編的にイングリッシュフォーエブリワン(English for Everyone, e4e)について最後に簡単に触れておきます。

「発音」トレーニングからもう一歩踏み出したトレーニングを行うスクールがイングリッシュフォーエブリワンです。

インリッシュフォーエブリワンでは「発声・発音・リズム・英語思考」の4つのコンセプトで発声法や個々の発音といった発音基本から、文書単位の自然なリズム感のある英語発音の練習。さらに英語の語順でしっかりとしたセンテンスとして構築(英語思考)して、発話訓練をしていきます。最終的には、完成されたセンテンスを自然な発音で発話できるスピーキングスキルが手に入ります。

期待できる効果

想像してみてください。

発音の悩み。もっと言うとリスニングを含めた「英語の音の悩み」がきれいに消えたとしたら?

あなたが最低でも中学生レベルの英文法知識を持っていると仮定したら・・・残された大きな課題は語彙だけ、と言ってもいいくらいです。

できあがった文章の発音(音読)だけでなく、文章を瞬時に構築して、自然な英語らしいリズムと発音で話す。ここまでい一気に学べるがイングリッシュフォーエブリワンの最大の特徴です。英会話に本来最も必要なスキルのトレーニングをする「稀」なスクール。オンラインですから海外からでも受講できます。ぜひ一度受検討されることをおすすめします。

関連記事English for Everyoneで英会話力が飛躍する

関連記事English for Everyoneの口コミ・評価・評判

公式サイト英語はスキルで話せる【English for Everyone】

Thanks so much for reading the article!

コメント

  1. […] 関連記事:オンラインで学ぶ発音コース3選 […]

タイトルとURLをコピーしました