【英会話上達のヒント】自分にあった英会話学習方法の選び方ガイド

自分に合った学習法の見つけ方

自分にあった英会話学習方法の選び方ガイド

 

英会話の学び方と一言でいっても一体どうやってやるのが良いのでしょう。

出来ることなら効率よく、ゴールに向かいたいですよね。

今回は以下の3つのポイントに注目して、自分に合った勉強法選びを考えてみたいと思います。

  • 自分の実力を把握する
  • 目的と目標に合わせる
  • 自分の性格を考慮する

 

以前に書いた記事で英会話を学び始めるための、ゴール(目的・将来像)・目標・制約条件について考えてみました(以下参照)。

【オンライン英会話スクール】効果をだすために考えたい3つの事
オンライン英会話スクールで効果をだすために考えたい3つの事 それは、目的・目標・制約条件の3つです。 今回は、オンライン英会話スクールを始める前に考えたい、3つことを整理します。 具体的なスクール(通学型、オンライン)、それとも最近人気の高まってきているコーチングタイプ?の検討に入る前にじっくり考えてみたいことです。

 

英語の勉強って時間もかかるし、スクールに通へば時短できるのですが、となると今度はお金がかかりますよね。

結構大変です。

しっかり「自分はこうなりたい、こうなるためにやり抜く!」ぐらいの気合というか、コミットメント(覚悟)がないと続かないと思うんですよね。

中途半端にやってもそれこそ時間とお金の無駄になってしまいます。

それこそ、前回に考えた「目的」を達成するために、何も「英語」が絶対条件ではないかも知れないわけですから、他のスキルなりを習得することにすれば良いだけの話です。

まずコミットする、そうと決めたらしっかりプランを先に作ったほうがいい、自分でどうしたら良いか見当もつかないようであれば、プロのアドバイスをもらいながら作っていこう、ということです。

 

アドバイスについては、コーチングスクールのカウンセリングがおすすめ。現状のあなたの実力診断から、あなたの目的や状況などに合わせた学習スケジュールの簡単なロードマップまで示しくれるところもありますから。どのスクールも無料でカウンセリングを受けられるので相談してみるのも手です。(※コーチングスクールについては後述します)

 

どんな方法で目標を達成していくのか

そして次に考えなくてはならないのが、HOW…どんな方法で目的地へ向かうか、です。

あなたの目的・目標・制約条件にあったベストな方法を見付けます。

あなたにとってのベストな英会話の学習方法を見極めるために、3つのポイントからみていきます。

 

❶自分のレベルを知る

行き先と現在地がわかって始めてナビゲーションマップが完成します。

実際に学習をスタートさせてからもその時々の「現在地」を知ることは目標とのギャップを確認するうえでも必要不可欠です。

時々スタート地点からどれだけ成長したかを振り返ってみるのも、モチベーションを再度高める効果があります。

今のあなたの英会話の実力を客観的に知る方法は2つあります

1つ目は第三者機関による英会話のテスト

  • TOEIC®Speaking
  • Versant®

ビジネス英語のインプット(聴く、読む)については、TOEIC®L&Rが日本のビジネスシーンでは、半ばデフォルトのような感じになっていますが、上の2つのテストは実践的な会話能力を測ることを目的としています。TOEIC®はこのSpeaking (& Writing) を英語のアウトプット力を測るテストとしてリリースしています。

Versant®は英国教育企業大手のピアソンが開発したスピーキングテストで、海外の政府機関の他、既に国内の大手企業でも「実践的な英語力」をみる指標として採用されています。

上記のテストを採用する企業では、社内英語研修の成果、昇給や海外赴任の条件などにスコアを活用しているようですね。

コーチングスクールのTORAIZ(トライズ)でも受講生の成長チェックに定期的なVersant®の受験がカリキュラムに組み込まれています。自身の実力の変化を確認できて、履歴書にも書けるスコアということで一石二鳥ですね。

トライズ| Versant で学習効果測定-成果を可視化する!
トライズの価値は極論すればコンサルタントにあると思います。勉強するのはあくまでも受講生ですが、それをサポートするコンサルタントの役割は大きい。このコンサルティングの精度をあげるうえでVersantが少なくとも一役買っているは違いないでしょう。

 

2つ目は英会話スクールによる英会話のテスト

先にコーチングスクールのカウンセリングで説明したような、スクールで実施する会話力診断テストのことです。

入会前のカウンセリングで診断してくれるところもあれば、入会時にスクール独自のテストを行うケースもあるようです。

テストに比べるとそれぞれのスクールによって評価の基準は違うと思いますが、評価はクラス(初級・中級・上級)といった段階的な評価になるのが一般的です。ちなみに、オンライン英会話のEFイングリッシュでは、16段階のレベル設定をしています。

多くの英会話スクールで無料で実力診断テストを提供していますので、ある程度スクールを絞り込んだら、候補のスクールでレッスン体験といっしょに受けてみましょう。

EFイングリッシュライブ|ネイティブ効果大?評判と口コミで検証!
EFイングリッシュライブなら一流のネイティブ講師から断然格安で英会話が学べます! ヨーロッパ発のオンライン英会話スクールのEFイングリッシュライブ。 最高レベルのネイティブ講師×カリキュラムでありながら毎日学べてその費用は1日208円! これってすごくないですか?気になる実態を徹底チェックしてみました。

 

❷自分の目的・目標・制約条件に合った学習方法を選ぶ

目的と目標、それに制約条件に合った学習方法を選ぶ作業です。

まず、自習かスクールか・・・という選択ですが、ここで注意したいことが2つあります。

1.スクールで学ぶことを選んだからといって自習しないで済むということではない

2.自習(オンリー)では習得に時間がかかる

 

スクールだけではぜんぜん学習時間が足りない

英会話スクールに行けば、その時間だけ勉強(練習)するだけで上達すると思っている人が意外に多いということです。

例えば、通学型の英会話スクールに週1回から2回レッスンを受けてそれ以外の時間には一切自習をしないような場合。このケースでは、正直にいって上達の効果はあまり見込めないでしょう。

圧倒的に勉強&練習量が足りないと思います。

しかもグループレッスンであればどうでしょう?言わずもがなです。

英会話スクールが良い、悪いといった以前に、インプットもアウトプットも少なすぎて身にならないということです。

 

自習だけでは習得までに時間がかかり過ぎる

理由は簡単です。

英語を習得したことがない、つまり学習の最適なプロセスを知らないということですから、遠回りをせざるを得ません。では先にそれを学ぼうとすると、肝心の英語の勉強をする前に学習法、ノウハウ、新しい学習メソッドのマニアになってしまうかも知れません。

これは、10代の学習者には悪くないかも知れませんが、忙しいビジネスパーソンにおすすめの方法でありません。どの程度スクールに時間を割くかは別問題として、自習だけというのは避けた方が良いでしょう。

 

この2つを確認した上で、スクールを選ぶことになりますが、まずはそれぞれのタイプを整理しましょう。スクールは現在のところ、基本的に以下のとおりの8タイプがあります。

中にはEFイングリッシュライブのようにハイブリッド的にマンツーマンとグループセッションを混合させたカリキュラムを提供しているところもありますが、だいたい下の表のとおりです。

また、ネイティブ講師、非ネイティブ講師という軸での分類も、特にオンライン英会話スクールを選ぶ際の選択ポイントになることも付け加えておきます。

 

英会話スクールの例

通学型オンライン型
マンツーマンGabaビズメイツ
グループベルリッツEFイングリッシュライブ

※ベルリッツはマンツーマンのコースもあり。EFイングリッシュライブはマンツーマンとハイブリッドです。

 

コーチングスクールの例

通学型オンライン型
レッスン型トライズアルーゴ
サポート型レアジョブ本気塾プログリット

 

コーチングスクールのレッスンは基本的にマンツーマン

ネイティブ講師による会話レッスンがあるところもあれば、日本人トレーナーによるアウトプットの訓練に注力するところもあります。中には英会話レッスンを提供しない英語学習コーチング専門のスクールもあります。

一見特徴がバラバラのコーチングスクールですが、短期集中であること、コーチが専任で受講生の学習をサポートしていく、という共通項があります。詳しくは以下の記事をご参照ください。

【2019年】英語コーチングスク-ル9選|特徴・料金の比較
近ごろ短期で一気にビジネス英語の習得を狙う英語コーチングスクールが人気です。 これまでのいわゆる”英会話スクール”と一線を画す”コーチング”サービスにビジネスパーソンの注目が集まっています。 今回は、このコーチングスクールについて知っておきたいこと、コーチングスクール9校の料金やロケーションの比較も含めてまとめました。

 

スクールタイプとともに、学習コースを確認する

自分の英語学習の目的に合わせて、ぴったりのコースがあるか確認です。

ビジネスパーソン向けといっても、ビジネスコミュニケーション全般からTOEIC試験対策に特化したクラスもあります。自分の現在のレベルと目標レベル、目標達成期間によってベストなコースは異なってきます。

自分のニーズ、制約条件を考えて、近いコースが用意されているスクールを数校ピックアップしたら、無料レッスン体験やカウンセリングを受けて自分の目で確かめたいですね。

基本的にこんな流れになるかと思います。

 

❸自分の性格と照らし合わす

基本的な理屈での流れはこれまでお伝えしてきた通りなのですが、一つ番外的に注意したい項目があります。

それが、あなたの性格・・・もっと正確には、対人コミュニケーション性向を考慮するということです。特に自分がどちらかと言うと内向型の人間だと思う人は注意しましょう。

英会話に必要なことはここで言う実際的な面でなく、文章構成力や語彙の選択力などの能力も必須です。自分一人で取り組まないといけない勉強も山のようにあります。

ですので、内向型だから英会話が向いていないなどということは全くないのですが、少し注意しておいや方が良いだろうといった話です。

 

英会話は、英語というツールを使った他人とのコミュニケーションです。

英会話は、勉強というより練習の側面が強い。

完璧主義を捨てて、はっきりと自分の意思を伝える。

小さなミスなど気にせず、どんどんトライしていく。

練習である以上、多くこなした方が自然と上達が早いものです。

このように積極的な姿勢が求められるので、内向的な性格だと負荷が大きいかも知れません。

というのも、
英会話スクールでは、マンツーマンだけでなく、他の生徒と一緒に受講するグループレッスン方式もあるわけですから、どうしても押し出しの強い生徒に押されてしまいがちです。

あまり負担を感じるようであれば、本来内向的な人が得意とする一対一で学ぶマンツーマン方式のスクールが良いでしょう。

しかも専任の講師がつくスクールであれば、人間関係・信頼関係を作りやすいですからより向いているかも知れないです。

 

また逆説的なのですが、

あまり居心地の良いところ、いわゆる「コンフォートゾーン」に居すぎるのも良くないとも言われていますよね?

チャレンジすることも必要。若干のストレスも成長の原動力だとか。

英語学習を、内向的な自分を変えてみるのに挑戦する機会にする・・・

例えば、英語を話す時だけ限定で、内向的な自分の性格(キャラ)を変えてしまう、というのもあるかも知れない。

英語というスイッチが入ると変身する・・・英語を話す時はイケイケでアグレッシブな人になるとか、いつもはクールなのが売りだが、英会話の時はちょっと抜けていてお茶目なキャラに徹するとか。

意外なあなたの一面が出てくるかも知れませんね?

http://breakthroughenglish.work/2018/09/10/short-term-lesson-english-bootcamp/

 

性格と言えば、自習(独学)にも関係あるかも知れませんね。性格というより習慣の要素が強いかも知れませんが、向き、不向きはありますよね?

先述しましたが、自習は絶対に必要です。自習が得意なのはメリットだけれど、自習だけでは習得までに時間がかかり過ぎます。会話は練習が必要ですから、スクールに行かなくても方法はありますが相手がいつか必要になります。

逆に、例えばあなたが自習は好きじゃない、得意ではないな、ということであれば、自習を強力にサポート(尻を叩くぐらいの!)してくれるコーチングスクールが良いですよね。

 

いずれにしても「性格」を考慮して、学習方法を選べばそれだけ成功の確率は高まると思います。

 

まとめ

今回の話をまとめると、自分に合った英会話の学習方法を探すポイントは、

  • 自分の実力を把握する
  • 目的と目標に合わせる
  • 自分の性格を考慮する

でした。

次回は「英会話学習の進め方」についてを予定しています。

おしまい。

 

ビジネスパーソンにおすすめのオンライン英会話スクール
ビズメイツ(Bizmates)

【ビズメイツはビジネス特化型のビジネスパーソンによるビジネスパーソンのためのオンライン英会話スクール】

こんなビジネスパーソンにおすすめ:

●グローバルで成功するコミュニケーションスキルを学びたい
●ビジネスを知っている高品質の講師から学びたい
●ビジネスに特化したカリキュラムで一から学びたい

レアジョブ(ビジネス英会話コース)

【レアジョブのビジネス英会話コースは、会員数50万人の経験から学習プロセスを考え抜いて作られたビジネス英会話コース】

こんな人におすすめ:

●TOEIC®はまずまずだがスピーキングに自信がない
●しっかりとした学習プランで効率よく学習したい
●プロのカウンセラーから学習アドバイスがほしい

BizEnglish(ビズイングリッシュ)

【BizEnglishは、担任講師のつきっきり指導で「3カ月で話せる」を目指すビジネス特化型の短期集中オンライン英会話スクール】

こんな人におすすめ:

●これまでの英会話スクールで満足できる結果がでなかった
●本気で使える英語力を短期間で身につけたい
●英語を武器にキャリアアップや新たなチャレンジを狙いたい

産経オンライン英会話「3カ月集中パック」

【豊富なビジネスカリキュラムに3カ月集中コーチングが加わって学習効果が加速】

こんな人におすすめ;

●3カ月で結果を出したい
●一度挫折したけどもう一度トライしたい
●しばらく英語学習から遠ざかっていた初心者

ベストティーチャー(Best Teacher)

【ベストティーチャーは「書く事」をメソッドの中核に据えたユニークなオンライン英会話スクール】

こんなビジネスパーソンにおすすめ:

●自然な英文をつくる英語脳を鍛えたい
●自分の課題に沿ったオリジナルカリキュラムで学びたい
●情熱と見識のある経験豊かな講師から学びたい

mytutor(マイチューター)

【オリジナル・ビジネス英会話カリキュラム、職業別英会話特訓プログラム、TOEIC®対策・・・mytuturは「目的志向型」のビジネスパーソンにオススメ】

●英語を学ぶ目的がはっきりしている
●ビジネスを1から学びたい英会話初心者ビジネスパーソン
●正社員の実力派講師の担任制マンツ―マンで学びたい

EFイングリッシュライブ

【EFイングリッシュライブは、最高レベルのネイティブ講師×カリキュラムで学べるヨーロッパ発の老舗スクール】

こんな人におすすめ:

●ネイティブから通じる英語をコスパ良く学びたい
●”リアル”なグローバルコミュニケーションを経験をしたい
●自分の仕事の分野やテーマに関連する分野の英語を学びたい

QQ English

【Global Business Skillsとビジネスカランメソッドで学ぶビジネス英会話】

こんな人におすすめ:

●英語だけでなくビジネスマナーのスキルをマスターしたい
●カランメソッドを正式認定校から学びたい
●TOEIC®SPEAKINGの対策コースで会話力を可視化したい

 

コメント