Grammarly (グラマリー)英文校正・文法添削ツールの使い方

Grammarly(英文校正・文法チェック)

Grammarly (グラマリー)英文校正・文法添削ツールの使い方完全ガイド

 

英文レジュメ/英文経歴書、仕事で使う英文ドキュメントやEメール・・・どうしてますか?

英文のEメールやドキュメントを日常的に使うビジネスパーソンにおすすめしたい、英文校正・文法添削ツールの Grammarly (グラマリー)を紹介します。

ビジネスやアカデミックなどプロフェッショナルな現場では、つまらないスペルミスや文法ミスは避けたいものです。

例えば外資系に転職を考えているなら英文レジュメ/英文経歴書。これだけは完璧にしておきたいですよね。ささいなことで印象が悪くなるなんてつまらないですから。

そんな時に便利なのがオンライン英文校正ツールのGrammarlyです。

くろねこ
くろねこ

わたしはこのGrammarlyを使って3年になります。

その使い勝手の良さと ”進化” で今では手放せないツールとなっています。

 

GrammarlyはPCユーザー/ライター向けに開発されたオンライン英文校正・文法添削ツールですが、最近ではスマホ用のアプリ(キーボード)もリリースしています。

SNSの投稿やEメールなどスマホでよく使う場面でも利用できるようになったのでより便利になりました。

今回はこのグラマリーの特徴とメリット・使い方・料金・評判と口コミをまとめてましたので英文法チェックツールに興味のあるかたはチェックしてみてくださいね。

Grammarly
Grammarly’s free writing app will make sure your messages, documents, and social media posts are clear, mistake-free, and impactful.

Grammarly (グラマリー)のメリット

Photo by Lukas from Pexels

Grammarlyのメリットまず簡単に誤字脱字でけでなく、英文法もチェックしてくれるところです。

スペルや句読点のチェックだけでなく、250種類の文法ミスのチェック、類語の提案などの推敲支援、文章のオリジナル性(盗用の警告)チェックなど多機能。

単なる自動スペルチェッカーというよりも文章作成サポートツールといったものに近い感じでしょうか。

以下で詳しく説明しますが、作成する文章のタイプと想定読者を予め指定しておくことで、自動的に適切な語彙などのサジェスションしてくるところも役立ちます。

くろねこ
くろねこ

このあたりの ”AI” 機能は、近年とても進んできている印象があります。ユザーインターフェースもどんどん使いやすくなって・・・ユーザーとしては嬉しい限りです。

ミスをなくして自信をもって文章を提出・公開できるようになるだけでなく、このサポート機能によって、英文作成スキルもアップさせることができます。

この点は、ネイティブや英語上級者だけでなく、初級・中級の英語学習者にもおすすめできるポイントです。

Better Writing with Grammarly

(The Grammarly. “Better Writing with Grammarly.” YouTube, YouTube, 7 June 2016, www.youtube.com/watch?v=fVbE2CSXCJ0.)

もう一つのメリットは、拡張機能です。

先に話したように、Grammarlyはウェブサイトにログインして使うことを優先的に想定されています。他にもスペルサジェスション機能は、各種ブラウザー(クローム・エッジ・ファイヤーフォックス・サファリ)に常駐させて使うことができます。

ウェブやスマホで英語を書き込む時にもすかさずスペルチェックしてくれるので便利です。

またマイクロソフトの OFFICEⓇWORD や Google Doc に組み込むこと(プラグイン)ができます。ブラウザーを開かずにチェックができますので手間が省けます。

Grammarly(グラマリー)の価格・無料版との違い

Grammarlyは簡単なチェックであれば無料バージョンでできます。

さらに進化したグラマーチェックなどの機能についてはプレミアムバージョンで利用できますので、英文を使う頻度や学習目的によって使い分けてください。

ビジネスやリサーチなどで使用するのであればプレミアムバージョンをおすすめします。

金額も年間で1万5千円ほどですし、さらにプロ(もちろんネイティブ)に校正を依頼するオプションもあります。ここぞという時には万全の書類づくりができるので安心です。

無料とプレミアムバージョンの違い

機能無料バージョンプレミアム
決定的なスペルと文法ミスのチェック
詳細な句読点・文法・文脈・文章校正のチェック
類語サジェスション
分野に応じた文章スタイルのチェック
文章のオリジナリティ(盗用)チェック
ヒト(校正のプロ)による校正○(オプション)

Grammarlyプレミアムの料金プラン

契約期間月あたりの利用料金
年間契約11.66ドル(約1,300円)
3か月ごと契約19.98ドル(約2,200円)
月ごと契約29.95ドル(約3,300円)
Grammarly
Grammarly’s free writing app will make sure your messages, documents, and social media posts are clear, mistake-free, and impactful.

Grammarly(グラマリー・プレミアムバージョン)の使い方

Photo by Lukas from Pexels

Grammarlyの使用手順はシンプル

  1. 文章のゴールを設定する
  2. 英文の挿入とミスの抽出
  3. プレジャリズム(盗用)のチェック
  4. 文章の詳細分析を確認する
  5. (オプション)プロによる校正

 

文章のゴール設定

GrammarlyのウエブサイトにIDとPWでログインすると、文章を書きこむとプラットフォームが出てきます。まずここで文章の目的を設定します。

  • 文章作成意図は何か?情報伝達なのかそれとも物語なのか。
  • 想定する読者は、一般読者かその道の専門家なのか。
  • 文章に正式な体裁を持たせるか、それとも親しみやすい感じにするか。
  • 文書の種類は、一般文書か、アカデミックか、それとも技術文書か。

英文の挿入とミスの抽出

つぎに、プラットフォームの文章を書き込みスペースに実際に文章を書んでいきます(または、予めワードなどでつくられた文章を貼りつけます)。

挿入とほぼ同時にミスが抽出されます。

ミスは以下の項目で抽出され、代替が提案されます。

  • 文法
  • 句読点
  • 流暢さ(ワードチョイス)
  • 語彙(類語オプション)

下図の例では、”makes” が文法ミスとして抽出され、make が代替として提案されています。代替推奨の理由も示されますから推敲する際に役立ちます。

プレジャリズム(盗用)のチェック

Grammarlyプレミアムには、リライトなどのチェック用に文章のオリジナリティをチェックする機能が付いています。

以下の例はサンプルとしてウェブサイトから実際にコピーした文章をプレジャリズムチェックしてみた結果です。

すると、100%のプレジャリズムとして警告がでました。ソースもでています。海外でも引用はもちろん問題ないのです。しかし、不完全なリライトの場合は盗用を追求される可能性がありますから、この機能はある意味、重要です。

*The original text: (CheapOair Miles Away Air Travel Blog, 2018)

文章の詳細分析を確認

最後に作成した文章の分析評価がでますのでチェックしましょう。

文字数や読了時間やスピーチの場合の時間の予想などのデータが表示されます。

さらにボキャブラリー(語彙)の独自性や希少性といった質の評価と、文字やセンテンスの長さ、全体的な可読性の評価がでます。

この最後の分析のパートは、英作文スキルを向上させるのに役立ちます。わかりやすく明瞭な語彙とユニークな語彙のバランスなど客観的にみれるので、文章改善のヒントになります。

プロの手による校正(オプション)

さらにオプションとして、ネイティブ(プロの校正専門家)による手作業のプルーフリーディングを依頼できます。

追加の費用がかかりますがここぞと言う時、万全を期したい時に有効です。

価格は納期によって違い、早い仕上がりほど以下のサンプルのように高くなります。

  • 24時間仕上がりで $0.04×74 words = $2.96
  • 3時間仕上がりで $0.09 × 74 words = $6.66
  • 30分仕上がりの特急便だと $0.12 × 74 words = $8.87

Grammarly(グラマリー)の評判・口コミ

Grammarlyの口コミですが、Twitter から幾つか拾ってみました。ネイティブの意見が当然多いのですが、日本人のツイートも結構あります。

冠詞のミスに触れている方がいますが、まさに同意ですね。

冠詞って文法の中でも地味なトピックかなとも思いますが、かなり感覚的なところがありますよね?理屈ではなく、こう、ネイティブ的なイメージ力が必要な部分というか。

文脈に合わせたワードチョイスに触れている方もいますが、これもポイントですね。

これも感覚的なところが要求されるところ。それって間違いではないけれど、こっちの表現の方がぴったりだよね、みたいなケースです。

そういうところをチェックできるのがGrammarlyのメリットです。

まとめ

Photo by ian dooley on Unsplash

結論ですが、Grammarly はあらゆる種類の英文を作成する際の必携ツールです。

簡易のバージョンであれば無料です。

ブラウザーの拡張機能をインストールして実際にどんば使い心地か試してみてください。

もちろんGrammarlyのチェック能力は100%完璧ではありません。

それでも決定的なミスやイージーなミスを取り除くことができるし、プレミアムバージョンの推敲支援や文章分析機能はとても便利。英作文力の向上にももちろん役立ちます。

ミスのチェックから、より良い文章作成のサポートまで・・・仕事で英文を扱う者にとっては、間違いなく強い味方になります。以下のバナーから公式サイトをチェックしてみてくださいね。

Grammarly
Grammarly’s free writing app will make sure your messages, documents, and social media posts are clear, mistake-free, and impactful.
そもそも英文Eメールをブラッシュアップしたい?

であればアルクのビジネスEメール速習パックがおすすめです。

アルクの「英辞郎 on the web」。オンラインで無料で利用できる辞書として有名ですからあなたも使ったことがあるかも知れませんね。その英辞郎のユーザー1300名のアンケート調査から明らかになった厳選24事例をもとにビジネスEメールを速習できる講座です。

業種や職種にかかわらずあらゆるビジネスパーソンにとって必要な優先順位の高い実践的な英文作成のスキルが身につきます。「見積依頼」や「感じよく断る方法」などビジネスの現場ですぐに使える内容です。ビジネスEメールを早く正確に書けるようになりたい、文章を洗練させてブラッシュアップしたい、ということであれば一度チェックしてみてくださいね。

 

Thanks for reading!

 

コメント